読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走はできません

その辺にいるオタクの妄言

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー」(再演)を観ました

観劇


私をハイキューの世界に入れてくれてありがとう!!!!



観終わって思ったことはとにかくこれです。

一番世界に入れてくれた……というか、「いるもの」として扱ってきたのは大王様こと及川さんでした。

及川さんね、客降りのシーンがあるんですよ。

おそらくあれ、日替わり(毎回変わってるかはわからない……いくつかパターンあるのかも)だと思うんですけど。

私のときはまず!下手側に及川さんおりてきて!両手を広げるかたちの投げキッス!その後横に座ってる女の子に片手で投げキッス!!そのあと上手にてくてく歩いてくる!歩きながら観客とハイタッチ!上手側にきてから!「新入生のみんな〜俺の名前は及川徹。及川さんって呼んでね!せーのっ!」

観客『及川さーん♡』

いやもちろん私も叫んだんですけど。及川さんやばかった。ボキャ貧になるけどとりあえずやばかった。


あと縁下さんもよく観客の方に動いてきたといいますか。

試合描写のあと、自然と拍手が起こるんですね。そしたらだいたいそれを縁下さんが「せーのっ!」て感じで、あの、パンパパパンって言えばいい?一本締めじゃなくてなんだっけ、とにかくそんな感じ……それで止めてくれて「ありがとうございまーす!」て言うんですね。何回かありましたね。


なんか、私がずっと好きだったハイキューの世界に私は今いるんだ!!!て思いました。




さて、舞台そのものの感想にいこうと思います。

アイアシアター実は初めてで。前々から名前はよく聞く劇場だな……と思ってたんですけど、入ったら思ったよりちっちゃくてですね。
私それなりに後方列だったんですけどそれでも舞台をすごく近く感じました。

舞台に傾斜のかかった丸い部分が真ん中にどーんとありました。そしてど真ん中にバレーボールがぽつんと置いてある状態で始まりました。



あの舞台装置すごいなーと思ったのがいくつかあるんですけど、ボールがなんか……あれすごくて……思った場所に転がっていくシーンがいくつかあるんですよ……

例えば真ん中からころころっと転がって上手側にゆっくり曲がってそこにいる演者の足元に、とか。それが下手側に行くこともあったり。あれどういう仕組みなんですかね……紐とかなかったと思うんですけど……


ハイパーブロジェクション演劇、となってますから、プロジェクションマッピングいっぱい使われてました。というか、プロジェクションマッピングがないと成り立たない舞台でした。あれすごい。

演劇と映像の融合の一つの形というか……最初の方でキャラクター紹介みたいな部分があるんですよ。役者が出てきて、背景にどーんとキャラの名前と漫画のキャラの一コマが映るみたいな。それがパラパラとめくれていったり倒れたりして次のキャラクター紹介に移る……っていう。あれは映像がつくからこそできるものだなぁと思いました。あの演出めちゃくちゃかっこいいし2.5次元舞台ならではって感じでとてもたのしかった。



なんか私の説明だと全然伝わってない気がしてきたけど頑張りますね。


観てて印象的だったのが「みんな」がちゃんと「みんな」だなぁとすとんと思えたことです。

特に田中さん!!あのさぁ!!めっちゃ田中さんだったの!セリフがあるところないところ全部、その行動だとか反応の仕方だとかが、すごく、「あぁ田中さんってこういう男子高校生だ、いるいる」って感じ。凄まじい説得力。

説得力の高さでいくと及川さんも素晴らしかった。発表されたときから「リアル及川だ……」ってツイッターでざわつかれてたんですけど、動いて喋ってもリアル及川さんでした……すごい……あーー及川さんだ!と思ったすごい……


ちょっと意外だったのはスガさんと縁下さんかな……こんな人じゃない、と思ったわけではなく、あっこういう人だったんだ!みたいな。

スガさんはなんとなくこう、漫画では温厚な部分がよく描かれてるのでそういう一面が頭に強く残ってたんですけど、舞台のスガさんイメージよりやんちゃだった。田中さんをよくぐりぐりってしてた。でもそれが違和感はなくて、「あぁスガさんも男子高校生なんだよな」としみじみ思ったというか。そうだよなぁそうだよなぁいくら温厚な性格とはいってもこれぐらいやるよなぁ、みたいな。舞台だからこその一面を見れた気分になりました。

縁下もそうで。漫画だと初期は描写少ないし最近の描写はあるけど「2年生のドン」「おそらく時期主将」といったしっかり者としての一面がたくさん描かれてると思うんですよ。
舞台上の縁下さん、なんかおちゃめだった……すごくおちゃめだった……おや?可愛いぞ?てなった……舞台での時間が4月とか5月だったからというのもあるかもしれませんが、田中さんに振り回されつつすごくおちゃめな一面のある縁下さんでした。


他のメンバーももちろんそうで。うわーーーわかる!現実にキャラクターがいる!そうだよね!!そうだよね!!てなるんですよ。月島と山口のコンビ感がすごく自然だったり。旭さんのおどおど感もうわーーいそう!て感じだったし。のやっさんの頼もしさめっちゃ伝わってくるし。大地さんは烏野メンバーの手綱握ってたし。

そして主役の日向と影山。
素晴らしかったです。


影山喋った瞬間アニメの影山とダブって見えたんですよ。声質が似てるのかしら。わからないけど、あの瞬間ぶわっと、こう、私が漫画で、アニメで見てた影山が動いてるんだ、と脳が強制的に納得させられた感。

日向もよく動く!すごく動く!天真爛漫な明るさだとか、ボールへの執着、勝ちたいという気持ち、バレーへの情熱、それが動いてる日向からビシバシ伝わってくる。見てて日向がいる、いるよ、って思いました。



バレーボールの試合をどうやるんだろう、と思ってたんですけど、ネットが実際に出てきたり、出てこなくて対峙した状態でちょっとダンスのような表現だったり、でもちゃんとサーブあるしスパイクも打ってたり。説明めちゃくちゃ難しいんだけど、「試合してるーー!!!」てなります。ボキャ貧で申し訳ない。



私、漫画でもアニメでものやっさんと旭さんとスガさんのあの、「もう一度トスを呼んでくれ、エース!」のあの流れ、毎回泣くんですけど。ボロ泣きするんですけど。でもそれは家で気を抜いてるから泣ける涙だよなと思ってたんですけど。今回の舞台見ながら泣いてました。

あと実は開始10分ぐらいのとこで一度泣きました。キャラクター紹介の前だったかな?後かな?ちょっとあやふやなんですが、オープニング演出で、キャラクターが全員出てくるところがあるんです。なぜかその瞬間ぼろっと。自分でもわかんないけど、ボロっと。なんだろう、目の前にいるってことに感動したのかな。でもオープニング演出でもみんなキャラクターだったんですよね。それのせいかもしれない。



とにかく熱くて、ファンに寄り添ってくれる舞台だったなー!と思います。
素敵な舞台をありがとう。


そして支離滅裂なレポ?感想?でここまで読んでくれた方々ありがとうございます……ハイキュー演劇、とても良かったです。

今回再演でしたが、また、再々演が決まったらいいな……!続編でもいい……!ネコVSカラス、ゴミ捨て場の決戦を舞台でぜひ見たいです。

新しい舞台の形を見れました!とてもいいエンタメでした!本当にありがとう!