読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走はできません

その辺にいるオタクの妄言

寛容であるということ

 

私は常々、寛容でありたいし社会や世界がもっと寛容であればいいのにと思ってて

 

 

何に対してもなんですけど

 

趣味、私生活、生き方、職業選択、恋愛、服装、話し方、考え方、感じ方………

 

そういった諸々に対して寛容でありたいなと思ってて。

 

寛容でありたい、は少し言葉のチョイスが違うのかな、個々の個性を尊重する、なのかな。でもイメージとしては寛容って言葉が1番しっくりくる気がするんですけど

 

 

最近悩むのが、寛容でありたいけど、その寛容さはどこまで持つべきかみたいなところで。

 

 

基本的にはミルの自由論の考え方に則っているので誰かに実害を与えなければ好きにしていいしその自由は認められ守られるべきだと思っているんですけど

 

じゃあ実害って具体的に何なのか (金銭的、身体的、権利的なものに限定すりゃわかりやすいんですけど) (そういうわかりやすいもの、犯罪等に寛容である必要はないと思うんですけど)

 

 

例えば、現在の社会で差別的だとされる思想を持っている人がいたとして、その思想に対してどういう立場で寛容であればいいのかみたいな。

 

否定はしないけど、拒否はする。その考えは私には理解できないと言う。それでいいかなとは思うのですが、うーん、なんか違う気がするみたいな

 

 

でも多分この私が違う気がすると思ってしまうのは心のどこかでその差別的な考え方を否定したい、間違っている、正すべきだみたいに思ってる部分があるからだと思うんですよね。

 

差別的な思想であると気がついていない場合はそれを指摘したいし、なんならその思想をやめさせたいみたいな

 

 

元々の性格が過激派戦闘民族みたいなところあって違うよ!と思ったら徹底抗戦しちゃうタイプなのでね。寛容さとは程遠い〜〜〜〜

 

 

 

あとこのもっと寛容でありなよ〜と思うこと自体が寛容ではないのかな……とか……相手に寛容さを強いてる時点でもしかしたら私の寛容でありたいという意識はその辺に関しては作用しないのかなとか

 

 

でもみーーーんながある程度寛容である社会になれば、多分たくさんの人が生きやすくなると思うんだよなぁ

 

 

どこでどんな風に生きても、誰と恋愛をしても、恋愛をしなくても、どんな職業であっても、結婚をしてもしなくても、それが他者への実害がない限り自由であり認められ尊重される世界

 

 

みたいなことをモヤモヤ考えます

 

 

第一歩として私は寛容でありたいけど、まだまだな部分があるから頑張りたいですね

ユーリ!!! on ICEの世界観が大好きだという話 (10話を見て)

 

10話〜〜〜!!!!!

 

 

7話感想でも色々言ったしそこから勇利とヴィクトルの関係性について感じたものは変わっているかもしれないんですけど、その辺書くのは置いといてとりあえずタイトルに書いたことを書こうと思います。

 

 

10話でいいなぁと思ったシーンがありまして。

クリスが勇利とヴィクトルのお揃いの指輪に気がついて「指輪どうしたの?」、それを受けてピチットくんが「結婚おめでとうー!!」「みんなー!僕の親友が結婚しました〜!!!!」、そしてそれに拍手するオタベックたち、そして他のお客さんたち……

 

あのシーンめちゃくちゃいいなぁと思ったんです

 

いやあれが本来あるべき世界だと私は思っている方なんですけども

 

 

 

勇利とヴィクトルは人種も国籍も違って、それから同性で、もしかしたら今の世界では何か言われてしまうかもしれません。

 

嫌悪かもしれないし他のもっとプラスに見える発言でも、なんでもいいんですけど、とにかくまるで「特別」かのような扱いをされる、ことがあると思うんです。

 

 

あの瞬間、YOIの世界では誰もあの2人を特別扱いしませんでした。

 

ただ愛し合っている2人がいることをそこに認識して、その2人が結婚する(まだわかりませんが)という事実をただ祝福する

 

愛し合っている2人が結ばれるのは当然であり祝福されるものであり、そこに人種、国籍、性別は関係ないのだと、そういう世界だとあのシーンは象徴しているようで私はただただ嬉しくて仕方がなかった。

 

 

 

ユーリ on ICEの世界は愛を否定されません。

 

人によって誰かからの愛を拒否することはあります。ポポと元カノとか。サーラとミケーレもそうかもしれません。いやサーラのあれは拒否かと聞かれると微妙な気がするんですけど、一種の拒否ではあったと思います。

 

でもサーラはその愛を否定はしません。

 

ユーリの世界は愛がたくさん描写されています。恋愛、性愛だけではなく、家族愛だったり友愛だったり親愛だったり兄弟愛だったり愛国心だったり、色々。

 

でもその愛そのものが茶化されたり、おかしいものとされたり、そういう否定に繋がる描写はない(ように感じます)

 

 

 

 

私はその世界観が大好きで、はやくこの現実世界もそうなって欲しいと思うのです

 

 

 

 

というか元々私は(二次創作ではない)作品が「男性同士の恋愛を扱っている」という理由だけでBLと呼ばれるジャンル分けがなされ、まるで特別なジャンルであるかのようにされていることに違和感があったタイプで……いや男性同士の恋愛をメインに描いているからBL、なのはわかるんですけど……他の要素も描かれていたり他の要素も大きいものまでただ「男性同士の恋愛が描かれているからBL」とされるのがこう……違和感があるのです……

 

こんな私なのでユーリ on ICEの世界観や作品としての立ち位置、愛の扱い方がとても心地良いのです

 

 

 

あと前々から言葉のチョイスがいいなぁと私は思ってまして!

勇利はよく「彼女いたことない」というような発言をしています。ちなみにそのあたりからヘテロなのかな〜思ってるのですがわかりませんね。

ヴィクトルですよ。ヴィクトル、彼は勇利に過去の恋愛を聞くときに「恋人」て単語を使うんですよね。恋人。彼女じゃなくて恋人。 

 

この配慮最高だと思いません?!

 

相手の恋人の有無を問う時、私もまだやってしまってその度に反省しているのですが、「彼氏いるの?」「彼女いるの?」って聞くことがあると思います。でも相手のセクシュアリティをきちんと把握しているわけではないんですよね。

相手のパートナーの性別を無意識に異性だと思ってないとこの質問にならないじゃないですか。

 

でも「恋人」という問い方は相手のパートナーの性別を決めつけることなく、ただ恋愛関係にある人はいるのか?という問い方で、それはとても素敵な言葉のチョイスだと思う

 

 

 

ヴィクトルと勇利の関係がこれからどうなるのかまだわかりません。2人の間にある愛が性愛を伴っているのか私にはまだわからない。

数年先、お互い別のパートナーと結婚してそれで連絡取り合って家族ぐるみで仲良くしててもおかしくないなと思うし

本当に2人が結婚していてもおかしくないなとも思うし

 

どっちにしても、勇利が会見で言った「愛のようなもの」を2人が今後も持って生きていくんだろうなぁと思います

 

それぐらい勇利とヴィクトルは丁寧に関係性を積み上げてきて、愛があるのだと説得力を持って訴えかけてきていて

 

そしてそれは差別や偏見を受けるものではなく、ただ愛は素晴らしいと、否定されるものではないと、そう描写されている。

 

 

元々フィギュアスケートを見るのが好きだったので、そういう意味でもこの作品は大好きですし、同時にあの世界に生きる彼らの2つのL(LIFEとLOVE)が丁寧に描写されているということでも私はこの作品が大好きです。

 

 

 

 

ていうか最初の方の話に戻っちゃうけどユーリのやろうとしてること、やったこと本当にすごいと思うんですよ。

 

まっすぐただただ2人の愛の物語をきちんと描いているというか。

仮に恋愛関係だったとして、ピチットくんの「結婚おめでとう!」が真実になるとして、その中で男性同士の愛をからかうことなく『あぁそうなんだ』とただ受け入れる世界。ホモフォビアのない世界。それを堂々と描いている。

 

 

いやなんかもう、すごいとしか言えなくなるんですけど。

なんかね、BLならBLだと最初から言えみたいな意見をお見かけしたんですよ。

 

でも多分この作品のやろうとしてることってそれに対してNOを言うことじゃないですか。

 

何度でも言うけどあの2人が恋愛関係にあるかは明示されてません。いや指輪交換したけども。そんでも明示も明言もされてないのね。私は2人が恋愛関係であっでもなくてもどちらでも納得できるなと今のところ思ってるんですけど。

でもあの2人が絆と愛で結ばれてることは誰が見ても明らかでね。

 

 

前の感想でも書いた勇利のGPS会見の発言を少し引用します。

 

「愛、それはわかりやすい愛や恋ではなくて、ヴィクトルとの絆や、家族や、地元に対する微妙な気持ち。ようやく、自分の周りにある愛のようなものに気づくことができました。初めて自分から繫ぎとめたいと思った人、それがヴィクトルです。その感情に名前はないけど、あえて、愛と呼ぶことにしました」

 

 

たぶんこれが答えなんですよ。

 

別に男性同士の愛についてだけではなくて、ユーリ!!! on ICEはあらゆる枠組みやレッテルに対してNOを言う作品のように思います。

 

勇利とヴィクトルの関係性に名前はないかもしれない(選手とコーチだけじゃないし、恋人かはまだわからないし、婚約者かもわからない)。でも名前なんてなくたっていいじゃないかと。

 

そこに愛や絆があることは間違いなくて、そしてそれは誰からも偏見や差別を受けるものではなく、祝福されることなのだと。

 

今後別々の道を歩こうと、共に生きていこうと、はたまた何か他の将来であろうと。その愛は否定されることは絶対にないのだと。

 

 

 

 

んんーまあざっくりこんな感じでしょうか!

他にも色々あるのですがとりあえずこの辺で。

 

最終回まで楽しみです。

路上パフォーマンス(パフォーマー)を見るのが好きだって話

 

 

今回は法律だとかモラルだとか近所迷惑だとかその辺は置いておきます。きちんと許可を取っているパフォーマーはたくさんいますし、私が話したいのはその部分じゃないので。

 

 

 

 

路上でパフォーマンスしてる方、東京にきてからよく見るようになりました。

 

私時間があるとつい足を止めて見てしまうんですよね。

 

 

つい足を止めてしまうし、時間の許す限りですができるだけ見て、その時の金銭状況にもよるけどできるだけお金も入れる。折りたたんで渡したことはまだないけど……金欠でごめんね……

 

 

 

なんで好きなのかなーって考えたんですね

 

パフォーマンスを見ること自体も好きだし、めちゃくちゃ面白かったり上手だったりする人もたくさんいる。そりゃ楽しい。

 

でもそういう楽しい、とは別の何かに惹かれてる自分がいるなぁと思うのです。

 

 

 

多分、その人達が私はとても羨ましくて仕方ないんだと思う

 

 

投げ銭で生活しているかどうかはわからないけど、夢を追っている過程の人も多いイメージなので、バイトで生活していたり色々でしょう。もしかしたらすごく苦労してるかも。いやわかんないけど。普通に会社員で休日夜なんかにパフォーマンスしてる方もいるかもしれないけれど。

 

でもそういうのは置いといてですね

 

路上パフォーマンスをしているあの瞬間。あの瞬間ってきっとあの人達が一番輝いてる瞬間なんだと思う。

 

 

好きなこと、していて幸福なこと、それを精一杯路上でパフォーマンスしている。

 

どんなパフォーマンスか、どんな出来か、そういうのはとりあえず置いといて、あの瞬間があの人達の一番輝いている瞬間なんだろうなと思います。

 

だからこそ惹かれるし、だからこそ羨ましい。

 

ああやって輝いている瞬間があることが羨ましい。

 

かっこいいな素敵だなと思うし、輝いているからこそ惹かれる、んだと思う。

 

 

 

路上パフォーマンス、歌だけじゃなくて色々あるんですよ。

 

パントマイムをしていたり、少し面白い楽器を演奏していたり、あと……なんて説明したらいいのかわからないしお名前を出していいのかもわからないからぼやかすけど……なんかとにかくエンタメとして楽しいな!て方がいて……今までに何度か某新宿駅近辺でお見かけしたんですけど……ドラムとアヒルで通じる人には通じるんじゃないかな……

 

路上に立つまでにどれだけ練習したんだろうなあこれ、すごいなぁってパフォーマンスもたくさんあるんですね

 

 

大きな舞台があるわけでも、明るい照明も、音響もないけれど、そこにその人がいてパフォーマンスをしているだけでそこはもうエンタメのあるステージになって

 

なんとなく、それも面白いなと思う。

その人がそこにいてそれをしている、だけでただの路上がステージに変わる感じ。それも面白いなと思う

 

 

あと、路上でパフォーマンスをするんだ、したいんだ、と思えるぐらい情熱を傾けるものに出会えたこと、それが羨ましいなとも思う。

 

だって絶対大変じゃないですか。

 

練習して、路上に立って、それを続けるって、それはすごく大変だと思う。

 

でもその大変さよりもそれをしてでもやりたい、パフォーマンスがしたい、と思えるぐらいのものに出会った人生って素晴らしいなと思うのです。

 

 

それぐらい、熱くなれるものがあることがとてもとても羨ましくて、それを想像や憧れで終わらせずに実行しているところがかっこいいなと思うのです。

 

 

なんかこんな感じかな!!!

 

じっくり見たことのない方はぜひ時間のあるときに足を止めてみてください。

もしかしたら、そこにはあなたが初めて見るエンターテインメントがあるかもしれません

私がうたプリ4期(マジレジェ) 音也回(9話)をうまく消化できてない理由を考えてみる

 ※多分普通にネタバレかますので嫌な人は今すぐ逃げてね!!!!!!!!!!!

 

ゲームはrepeat、debutを途中まで(音也は攻略済み)、music1.2がプレイ済みです。

で、アニメは今まで全部見てる。

 

 

なぜか音也回(9話)が自分の中でうまく消化できなかったので、なんでなのかなーと色々考えてみます。

 

 

一応これを読んでいる方はdebut音也ルートと9話を見ている前提で話していくからネタバレしたり逆に説明省いたりするけどすみません!

 

 

 

私ね、音也回が鬱回だから嫌だったんじゃないんですよ

 

最初はね、「瑛一なんで横に座ってるんだよwww」みたいに普通に笑ってたんです

 

で、だんだん音也がこう……闇の方に引っ張られていくじゃないですか……そこも「音也;;」となりつつ普通に見れてたんですよ。

 

自分の中で「は?ちょっと待って?」て思い出したのが合宿先で瑛一が音也の調査書をばら撒きひまわり畑の絵を見せて燃やしたあたりです。

 

えっ?

 

なんでそういうことする?!みたいな

 

しかもそれで闇落ちして目から光が消えた音也と瑛一が歌って

 

えっ?!?!ここで歌うの?!終わるの?!と戸惑いが隠せませんでした。

 

 

 

debutでも音也は過去の体験(具体的に言うと母との死別等々)を思い出し、トラウマのようになっていたそれに、それまで心の奥底に隠していた気持ちに引きずられて、わかりやすい言葉で言うと「闇落ち」みたいな状態になります。(最終的には過去と向き合いきちんと前を向いて笑ってくれるんですけど)

 

今回のアニメの話としてそれがやりたかったことはわかるんです。

 

 

アイドルたちの成長を描くためには、自分自身と向き合うことは絶対に必要だし、音也の場合それは今まで見ないように考えないようにしてきた過去です。

 

私別に音也にいつも笑ってて!落ち込むなんてらしくない!闇落ちなんてしないで!って言うつもりは全くないんです。

 

debutのシナリオめちゃくちゃしんどかったしきつかったけど嫌いだったわけじゃないんですよ。

 

「一十木音也」を形成するものとして過去は外せないし、それといつか向き合うことも絶対に必要ですし。

 

 

でもそれをデュエットソングでやる必要あった?!て気持ちがまずあるんですね。

 

まあね、ここまでST☆RISHの仲がかたまり、春歌との仲も進展させるのは(アニメでは)難しい、となったら別角度から何か起こすなら新キャラがやりやすいのはわかります。

単純にそれまではいなかった視点ですからね。

 

理屈ではわかってるから、私がいまいち感情が追いつかないだけなので、この「デュエットでやる必要ありました?」て疑問はまあ、ワガママだと思います。

 

 

 

 

 

私が一番引っかかってるのは、多分、解決せずにデュエットの曲ができてしまったから、だと思います。

 

 

 

音也が過去と向き合い、自分の中にある暗い感情を認識して、受け止めて、解消していく過程は必要です。

 

でも、音也がその過去と向き合った結果、その暗い感情に取り憑かれることが正解(正解って言い方変かもしれないけど)ではないじゃないですか。

 

自分の中にある暗い感情を認めたうえで、それもひっくるめて乗り越えて笑うのが音也であり、本当の意味で成長したと言われる結果はそれであるはずだと思うんです。

 

 

 

これまでの他のアイドルたちもへぶんずたちと色々あって自分自身やその周囲や環境やそういったものと向き合って、受け止めて、成長して、それで出来上がるのがデュエットソングでした。

 

そうだと思ってました。

 

 

だから、私は音也に闇落ちした状態でのデュエットソングを披露してほしくなかったし、私が聞きたかったのはそれじゃない、と思ったんです。

 

 

過去と向き合い、暗い感情に気がつき、それを認めたうえで受け止めて前を向いて笑っている音也の歌うデュエットソングが聞きたかった。

 

デュエットソングの2番がせめてそうやって成長した音也だといいなぁと思ってるんですけど、どうなんだろう。

 

 

 

 

あともう一つ引っかかっているのが、そもそも音也が過去と向き合うことになった経緯です。

 

debutだと仕事のドラマで親を亡くす展開がありそれで自分の過去と重なって〜て流れだったはずなんですけど。

 

瑛一がね、例えば直感的に音也の暗い感情に気がついて色々ねちっこく言ってるとかならまだ納得しました。

 

 

アイツ過去調べ上げたうえでやってやがった!!!!!!!!!!

 

 

 

音也の過去って、他人が簡単には触れられないすごくすごくデリケートな面だと思うんですよ。

 

いくら本人がカラッと施設での話をしていようと、それを他人が勝手に暴くのは違うじゃないですか。

 

しかも亡くなった実の母親のことや、ひまわり畑のことや、そういった、彼が自ら話をしてきた部分ではないところじゃないですか。今回の話って。

 

 

 

ゲームの方は、誰かが意図的に音也に過去と向き合わせたわけではなく、結果的にそうなってしまった、というもので。

音也の過去を大事に扱ってくれていたと(個人的には)思います。

 

 

今回の話で音也の過去って丁寧に大事に扱われたんでしょうか。

 

私はどうしてもそう思えない。

 

 

他人が、無断で、勝手に、踏み込んでいいはずのない場所に土足で足を踏み入れたこと。

 

それがどうしてもどうしても受け入れられない。

 

 

私はHE★VENSのメンバーは今後のうたプリの世界を広げる大事なキーパーソンとして、新しいアイドルとして、期待してた方なんですよ。

 

(これ9話だけの話じゃなくなっちゃうけど)でもそのHE★VENSは今まで、メンバーにもよるけど、ヘイトを貯められてしまうキャラクターとして使われているように感じてですね、それもなんとなく嫌だったんですけど。

 

 

瑛一の行為を私は許せるときが来るのかなとぼんやり悲しく思います。彼らも応援したかったのにな、みたいな。

 

 

 

 

そんでこれは完全に私怨になってしまうんですけど、音也でこんだけゲームネタ取り入れて自分と向き合わせて成長させるならなぜ他のキャラにももう少しこういうことをしない?!?!いや、掘り下げとか成長した子もいるんだけども!!!!!

 

 

 

いやもう名前だしちゃうんですけど、私さぁ、来栖薫くんと翔ちゃんの関係性がとてもとても好きなんですね。

 

その!翔ちゃん!翔ちゃんなんで龍也さんの話ばかりなんですか?!いや私も龍也さん大好きですけど

 

 

「来栖翔」という人物を作り上げたものとして、もちろん、龍也先生の存在は欠かせません。ずっと憧れて目標としてきた人。その事実は翔ちゃんを作り上げる大事な要素です。

 

でも同じぐらい薫くんの存在も翔ちゃんを作り上げる大事なパーツだと思うんですよ

 

アニメで薫くんがなかったことにされてるなら(それはそれでブチ切れる案件だけど)まだ納得します。

 

でも今まで薫くんの名前や幼少期の姿出てきてたじゃん……薫くんはいるんでしょアニメの世界にも存在してるんでしょ……

 

 

なんかね、ああ今期も薫くんの存在は出てこなかったなぁ、て少し落ち込んだんですけど。(翔ちゃん回のシナリオ自体にもうーーーんと思った部分もあるんですけど)

 

 

なんか……音也回のシナリオや展開にも不満はたくさんあるんだけど、音也はそれだけ過去の話やゲームで出てきたネタや設定が使われるのに、翔ちゃんや、他のアイドルは、なんかこう、ああ、みたいな、言葉にしたくないけど、そうなのかみたいな。

 

 

そういう、そういうモヤモヤもあって。

 

まあでもこれは私怨です。完全に私怨です。

 

 

えーーーっと。これぐらいにします。

あんまりマイナスなこと書き残したくないけど、自分が納得するために一度書いてスッキリしたかった。

 

なんか、全部私がうまく消化できてないだけと言われればその通りなんですけど

 

 

 

10話で納得できる展開がきてくれたら嬉しいなあと思ってます。